会社情報

  • 会社概要
  • 社長挨拶
  • 企業理念
  • 環境への取り組み
  • 主な設備
  • アクセス

シンシのブログはコチラ

会社概要

会社情報

社名
株式会社シンシ (旧 伸始工業株式会社)
SHINSHI CO.,LTD.(英語表記)
拠点
本社/東京工場 (敷地面積 704㎡、建屋延面積 870㎡)
〒146-0092 東京都大田区下丸子2-17-4
TEL.03-3759-7811
北関東工場 (敷地面積 12,183㎡、建屋延面積 2,939㎡)
〒327-0324 栃木県佐野市山形町1193-1
TEL.0283-65-1106
創立
昭和27年(1952年) 11月24日
創立者
田中信二
事業内容
プラスチック板加工とその販売
資本金
3,000万円
役員
相談役 : 前田和秀
代表取締役社長 : 加納識顕
社外取締役 : 市川光夫
取締役 : 木村雅彦 (営業部統括)
取締役 : 福田龍夫 (開発室長)
取締役 : 高橋隆 (生産管理部・品質管理部統括) (平成29年5月現在)
取引銀行
三菱東京UFJ銀行蒲田支社
商工組合中央金庫大森支店
日本政策金融公庫大森支店
横浜銀行蒲田支店
りそな銀行蒲田支店
従業員数
59名(男51 女8)、派遣社員 数名(平成29年5月現在)
業態
プラスチック板加工総合メーカー
営業品目
産業機械: OA機器のハウジングなど
建築・照明: アクリル採光窓(トップライト)、
アクリル建材、大型スクリーン、など
医療機器: 医療機器のハウジング、照明器具の成形など
水槽: アクリルパネル、アクリル箱水槽など
アミューズメント: ゲームセンター向けゲーム機筐体など
看板(サイン): 高速道路用道路標識、大型看板、駅構内案内板、店舗看板、など
什器・内装備品: アクリルブロックを利用した店舗什器や備品、アクリル家具など
乗り物関係: 車輌・航空機などの内装備品の成形品
実験装置: 超大型実験装置~小型実験装置の製作
石炭液化実験装置、水流実験水槽、耐震実験装置、
原子力発電所向け実験装置、大学や研究機関からの受注品
その他: 大型成形加工品、切削加工品、溶剤接着加工品、
アクリル樹脂の重合接着を用いた多岐にわたる各種形状品など

シンシの歴史 / 沿革

創業者 田中信二
1929年(昭和4年)
三菱航空機製造(現 三菱重工)入社
同三菱財閥系の旭硝子に技術者として出向転属
1938年(昭和13年)
戦時中
旭硝子 合成樹脂開発部門 研究開発責任者
軍用機の風防硝子(アクリル)を研究・製造
※国産化に成功
戦 後
財閥解体により旭硝子の事業資産の消失/アクリル事業撤退
<田中信二は独立を決意する>
1952年11月24日
会社設立(伸始工業株式会社)
資本金30万円
アクリルなどの合成樹脂の加工販売
※当時、業界ではアクリル加工の草分けと評された
1965年12月
資本金1,200万円に増資
1985年5月
資本金3,000万円に増資
現在に至る
工場遷移
1952年11月
東京工場設立 大田区羽田本町
1953年10月
東京工場移転 大田区下丸子2-17-4(現在本社/東京工場)
1981年5月
佐野工場設立 栃木県佐野市高萩町
1984年9月
佐野工場増設 第2工場
1988年11月
水槽工場設立 栃木県佐野市富岡町(重合接着専用工場)
1992年11月
北関東工場設立 栃木県安蘇郡田沼町(現在佐野市山形町)
北関東工場設立に伴い、佐野工場などを閉鎖し移設統合
2004年1月
東京工場新館 新設
現在に至る