会社の発展に繋がる
方法を追究する

  • 大島 敏幸
  • Toshiyuki Ooshima

製造部 仕上げグループ 班長 入社7年目

Profile

入社以降、部品設計などの事務職に成形、検査、そして仕上げと、幅広い業務に携わってきた。どこにいても創意工夫を凝らし、今より良くすることを考えている。
入社7年目にして班長を務め、プログラムの構築からグループの管理まで、活躍のフィールドは多岐にわたる。

Question

JOB

今、どんな仕事をしていますか?

仕上げグループのNC部門というところに所属しています。
プログラムをつくって機械を動かし、製品を切ったり削ったりしています。
また、班長としてグループの工程管理も行っています。

やりがいを感じるのはどんな時ですか?

難しいプログラムが完成した時ですね。ブロックではなく、既に成形した製品を削るプログラムをつくる必要があるので、とても難しいんですよ。その分、うまくいった時はスカッとします(笑)。

これから、どんなことにチャレンジしていきたいですか?

製品を削る時に、製品を乗せる土台となる治具というものがあるんですが、その治具をつくれるようになりたいですね。これができると、コストも下がりますし、対応のスピードも速くなります。

CORPORATION

シンシへの入社を決めた理由は何ですか?

自由な発想が生かせることが一番大きいですね。ものづくりそのものもそうですし、工程や作業の改善についても、柔軟に意見を取り入れてもらえます。

入社前と入社後で、ギャップを感じる部分はどこですか?

前職と比べて、仕事の負荷に個人差があると感じています。
そういった部分の改善も進められるよう取り組んでいる最中です。

シンシの自慢ポイントはどんなところですか?

自分の発想を結果に結びつけられる会社であるということですね。
僕自身、「ここも良くできるんじゃないか」と行動し続けています!

会社のどんなところを良くしていきたいですか?

人が足りないところですね。仕事としては大型の案件も待っているので、それを共に乗り越えていく仲間を増やしていきたいです。逆に、それさえできれば、なんでもこなせる会社になると確信しています!

PRIVATE

休日は何をして過ごしていますか?

子どもとお出かけすることが多いです。5歳と8歳なので、言うこと聞かないですし、やんちゃ盛りで大変です(笑)。

リフレッシュしたい時は何をしていますか?

子どもと遊んでいるのが何よりのリフレッシュになります!

学生のみなさんへのメッセージ

就職活動において、様々な会社や人に出会うと思います。
ぜひ自分のやりたいことを見つけてください。
そして、自分の「こうしたい!」を実現したい方、シンシでの挑戦をお待ちしています!